日記 2016年2月上旬

【2016/2/10(水)】

 仕事行き。Tと二人体制。昼前、市場行き。
 体重63.6K。
 エアコンの直風(に近いもの)をさけるため、昨日から枕位置を北→南にした。というか意識してなかったけど、今まで北枕だったのか。


【2016/2/9(火)】

 仕事行き。午前、午後と野菜の袋詰めした(手指の荒れ酷いため、ワセリン+手袋で)。他、きNPO行き。
 実習生D、ダウナーになっていて、利用まで至るかどうか、難しいよう。


【2016/2/8(月)】

 仕事行き。後、海南オ行き。
 体重64.1キロ。


【2016/2/7(日)】

 競馬メモ。(1)-1000円(0/10)。(2)9000円。

 ちょっと昨夜の酒残ってる。
 先日植えたニンニクは芽を伸ばし始めている。


【2016/2/6(土)】

 1/30〜31の島根旅行から、落ち着いて日記を書く時間なくちょうど一週間がたった。旅行日記を。

 初日、まずはいつものように海南に集合。そこからスタッドレスタイヤに履き替えたTの車でいよいよ西進。
 蒜山高原サービスエリアにて休憩。降っていないとはいえ、和歌山ではまずお目にかかれない量の雪。親子連れか、若者によって作成された雪だるまが大小佇んでいた。
 さて、お昼ご飯。僕は前日にカレーを食べていたにもかかわらず、お子様的発想でカツカレー頼む。カツはその厚みにおいて煎餅布団級でした。 201602061
 201602062  和歌山-島根間、420キロ。道中長し。それでも15時頃には出雲大社に到着する。
 馬と、画像では半身しか映っていないが、牛がいる。馬の鼻は皆に撫でられすぎてピカピカであった。トナカイばりに暗い夜道も照らし出すことだろう(*Tとの会話より引用)

 201602063  僕は長らく(またこの先もだろうが)不信心者であったが、Tの教育の結果、2礼4拍1礼にて参拝する。

 201602064  不信心者でもおみくじ位は引く。 201602065  白い腹巻である。その、ある種異様な偉容になかばぎょっとしながらも、僕とTも引いたばかりのおみくじを、いよいよ結ぶのである(間隙ないため別の木にだが)。韻を踏んでみた。

 Tは、Taのための健康お守りなども買っていた。

 201602066  さようなら、出雲大社。

 後、艸楽に寄り、ポンム・ベエルにてぜんざいロールケーキ食べる。

 201602067  こじんまりとした旅館に着き次第、囲炉裏での夕食となる。下の方の写真に屋号出ているが。
 仲居さんが愛想なかったが、あんなものだろうか(あんなものでよいとも思いつつ)。
 囲炉裏は初めての体験だったと思う。ステーキ、ぼたん鍋、鰻など食う。
201602068  美味し。朝食も食べ過ぎてしまった。↓食後のコーヒー、Tに好評。 201602069
 2016020610  旅館を出たのち、その周囲を散歩。立久恵峡。

 2016020611  二日目、道に迷いながら安子神社へ。実を言うと、僕は助手席でうとうとしていただけである。

 2016020612  可能性は低かろうが、それでも子供がポコッと生まれてきたら、そういう人生なのだろうな。

 この日の昼食は、「かねや」にて割子そば。
 ほどほどの時刻で帰途につく、和歌山へ。間、寝たりするなど。BGM、ゆず。夕食は、海南、桂花にて。


【2016/2/3(水)】

■ 今日の帯文 - 『不穏の書、断章』(フェルナンド・ペソア)
推薦者 帯文 推薦書籍
四方田犬彦 彼は文字通り、20世紀が最後まで秘匿してきた巨匠である。
不穏の書、断章不穏の書、断章(フェルナンド・ペソア)

 女子高生、17歳の立体地図 中学に続き全国最高賞(=朝日新聞デジタル)
 「小学生で初めて、地図を作製」「立体地図の部分の制作期間は約半年」――何と言っていいものか、しかし好感を抱いた。小学生から続く、(地図作成技術を洗練させながらの)この持続力は(またフィールドワークまでしている)、帯文DB管理人としても見習いたい。(僭越ながら)山口愛加さん、受賞おめでとうございます。

 体重64.7Kg。旅行直後より1Kg減だが、それでも重い。


【2016/2/2(火)】

 仕事行き。Kgの件、確定の模様。


【2016/2/1(月)】

 疲労。眠い。お休みなさい。

 昨日無事旅行から帰り(旅行日記は後日に譲るとして)、が今日が無事でなかった。Tと大喧嘩。直接的な原因は仕事上のこと。遠因もあるが……。