日記 2018年1月上旬

【2018/1/10(水)】

Equal[通常盤]  (「ルパン三世」のED歌ってたことから何となく知ってた)NIKIIEのアルバム「Equal」買って聞いている。本人は、まあ、美人。ちょっと日本人離れした顔立ちだな。
 ネット銀行に2018年のオンライン決済予定の予算30万円を入れる。

 休み。
 もうここは完全に日記サイトなので、そのモチーフを掲げたサイト名でいいんじゃないかと思い、タイトルを「モッカ/mokka」に改める。「目下」のこと。
 昨日、物心ついて初めて便を漏らした。尿意に便乗して、ちょっと出てしまった。どこでそうなったかは、あえて書かない。が半日ノーパン(ヒートテック下+ズボン)で過ごした。


【2018/1/8(月)】

 仕事行き。祝日、成人の日のために昼上がり(給食がない)。と昼食、T作しめじと漬かりすぎた柴漬けパスタ。口に合わず。夕食はおでんの予定。


【2018/1/7(日)】

 午後よりTと、去年か何かは閉門に阻まれた東照宮行き。後、イオンへ。で、夕食は無印商品で買った蟹と卵のカレー。ちょっとピリッとしており、美味しい。またご飯は同じく無印の、混ぜる雑穀ご飯にした。

 ゾンビは今日も運動会か。ご苦労なことだ。

 二日酔い少々。
 仕事行き。一人体制で回す。というか、大方勝手に回っていた。メンバーは皆経験を積んでおり、助けられた。やりやすかった。
 疲労あり。


【2018/1/6(土)】

 酔い々。
 さて。「君の名は。」観た。特に感想は書かない、って。
 競馬。初日出た。が、5730/7100。赤。

 ネット銀行口座に24542円しかなかった。あちゃー。……また補充しないと。

 競馬初め。
 明日用メモ。販売用エプロン洗濯すること。とこれ、ずっと考えててやれていなかった。


【2018/1/5(金)】

 あー、アホである。T室のドアハンドル、戸バネを交換したのだが(後者に非常に手間取った)、本日最高気温5度+小雨、と寒い中での作業であり、風邪ひいたかもしれないな。木粉も吸い込んだはずで、怠い。

 コーナンへ行きたいのだが、寒くってなかなか。またアルコールをもう少し抜いてからの方がいいのではないかという気もする。
 ところで、日曜は僕一人体制。初めてのことで、一応、シミュレーション。↓
4:10 起床
4:50 製造室準備
5:00 菓子パンミキシング開始
5:20 調理パンミキシング開始
5:25 菓子パン分割
5:30 菓子パン成形(〜5:40)
5:50 調理パン分割
6:15 食パンミキシング
6:20 調理パン/ドイツパン成形開始
6:40 バターロール成形終了
……あとは流れで
 うーん、これでいけるかな。

 寒い。雨降ってきた。

 2連休初日。ちょっとアルコール残ってる。少々胸が悪い。
 昨日、H、滋賀に去る前に夕食に来る。鍋。
 ここ数日性欲亢進しており(何だろうな)、一昨日、昨日と連続でセックスした。どちらも風呂場で済ませているが(後始末が楽だからと)、昨日は、セックスの楽しさの種が芽吹きかけた瞬間があり、なんというか、単純に楽しいからするセックス、というのがあるのだなと気付くようだった。ただなあ、それはなかなか花開かないだろうなあ。まあ。


【2018/1/3(水)】

◆ 日めくり帯文 - 『歌集 白蛾』(森岡貞香)
推薦者 帯文 推薦書籍
三島由紀夫 『白蛾』の作者、森岡貞香さんは、ながい中国派遣から還られた御主人の急逝によって、それまで十年来いそしんで来た短歌の道を、自分の生きる道としてはっきりつかみ、それにすがって強く生きて来られた。われわれ文学を職業とするものは、文学が生の道標となる素朴な力を、ともすると見失いがちであるから、今、森岡さんの清冽な作品にふれて、改めてその力に目をみひらかされる思いがする。生のきびしい体験をとおして、作者の見た自然や子供の姿が、かえって溌剌とした生の呼吸をつたえて来るのは、この歌集をよむ人が必ず発見するおどろきであろう。
白蛾―歌集 (1953年) (女人短歌叢書〈第21〉歌集 白蛾(森岡貞香)

 昨夕、実家行き。悪い酔いする。飲酒量もそれなりに多かったが、あんなに気分悪くなるとは。直前に飲んだユンケルのせいか。
 父親を見て、白髪染めのしていない頭、重力に従順な皮膚など見て、老けたなあと思う。65歳、今年66だもんなあ。


【2018/1/2(火)】

 昨日から喧嘩続き。今、終息。
 疲れを覚えて、ちょっと昼寝する。


【2018/1/1(月)】

■ NEW YEAR 2018 201801011
 元旦。朝から喧嘩有り(その後、終息)。今日は外出予定(Tの実家とか)。