日記 2010年12月下旬

【2010/12/31(金)】

 初雪だろうか僅かに雪が降った。
 気が付いてみれば早一年も終わりと言う感じだな、来年もそんな風だろうが。ふと、死ぬ時もこんな調子で何となく死ぬのだろうかと思ったが、僕、どうなって死ぬのだろうか?……
 考えてみると今年はセンターと関わり始めたのが、出来事としては一番だろうな。それに関連して僅かだが考え事もした(幽霊と思っていたのが枯れ尾花だったりした)。
 ネットはほぼ毎日していた。夜の犬の散歩もそう。アニメはそこそこ観た(「れでぃ×ばと!」「ひだまりスケッチ」「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」「WORKING!!」「四畳半神話大系」「みつどもえ」「生徒会役員共」「けいおん」「アマガミ」「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」「それでも町は廻っている」「海月姫」など)。読書は余りしなかった(そう言えば数日前に伊藤計劃『虐殺器官』・青木淳悟『このあいだ東京でね』を購入、まだ読んでいないが)。オナニーはそれなり。12月になって商用サイトを作るための準備を始めたが、これは出足が良くない。絵は全くと言っていいほど描かなかった(明日用に描いたイラストくらい)。顎の調子はまあこんなものだろう。眼はより悪くなった。目薬をよく差した。卓上アロエを育て始めた。
 また明日。


【2010/12/30(木)】

 寒い。曇り。外の温度は3.2度(*9時台)
 流石に世間でも仕事は終わったみたい(一般に仕事納めは28日か)(客商売はやっているが)。妹は今日も仕事に行ってるようだが(銀行員)。……「妹が仕事」ってなかなか参る響きだな(無職の兄としては)。まあそうした参るような枠組みで物を考えるのは袋小路っぽいが。
 妹については、現状、妹には僕は腫れ物みたいだし、関係もない(家庭内別居状態であり、家ではその関係性はタブー化してる)。また無職どうこう関係なく、僕は良い兄ではないな(そのことの負い目みたいなものはある)。
 ……もうこれ以上は、僕の主観で妹についての何を書いても駄目っぽい(どうも欺瞞になる)(書き掛けたが)。仕方ないので陳腐な台詞を借りてくる。Iの人生により多くの幸福が訪れますように。

 昼前に買い物に行く。散歩用(と言うこともないが)の靴(以前のはかれこれ七八年位履いたのか?)と発泡酒350ml・6本パックを2個購入。町中は車が多かった。


【2010/12/29(水)】

 家の掃除の一環で蛍光灯・台所の換気扇周りに張り付けているサランラップ(カバー代わり)を張り替える。後、自室の整理をする(まだ済んでいないが)。(半ば封印していた)漫画原稿・スクリーントーン・ネーム帳、他にビデオテープなどを捨てた。(整理の途中で指にハサミをぶつけてしまい小さく出血した)


【2010/12/27(月)】

 途切れ途切れに小雨。寒い。朝起きて、庭の芝生に霜が降りていた。寒いので室外温度を測ってみたら(*11時前頃)、5.9度だった(期待外れ)。
 ここ少しの間、顎はアンロックされやすくなっている。
 そう言えば最近目薬の使用頻度は落ち着いている、日に一二回、或いは三回も差した頃にはもう床に就く時間だ。
 夢を見た。不良に恐喝され3万円を渡した。僕は男が背中を見せたところを背後から襲い、殴る蹴るの暴行を加えた。後、男の仲間達が現われ(と言うか僕以外の夢の登場人物は皆不良の味方だった)、僕は連中に追い回され、(アクション映画風に)ひたすら逃げ回った(僕への追跡はひとつの運動であり、僕を捕まえることが彼らの行動原理となっていた、その段階では誰も「恐喝」「暴行」に関心を払わなかった)、疲れた。


【2010/12/24(金)】

201012241  フロリダパンサーに襲われたら「逃げずに反撃を」=米当局(=Reuters)
 「かがんだりすることは避け、走って逃げず、背筋をまっすぐにして向き合い、目を合わせ、できるだけ自分を大きく見せる。もし襲ってきたら反撃する」――これは足の遅い野生動物の威嚇法と言うイメージ。ヤマアラシとか。対処法としてそれなりに理に適っているのだろう。
 「反撃」って何だろうか……。最近『進撃の巨人』(諫山創)を読んだもので、対動物戦なんかでは、道具使えないなら人間に出来ることは余り多くないんじゃないかと思うが……。

 モスクワの刑務所が日焼けベッド導入へ、受刑者の健康増進に(=Reuters)
 「医療サービスを向上させるのが目的と説明。受刑者は、健康状態を確認するための超音波装置やインターネット電話のスカイプも使えるようになり、将来的にはスパ施設も作られる可能性があるという」――日本では有り得ない発想かな(ロシアの事情は知らないが)。日本の場合には、仮に人権が大幅に制限され、非民主化すれば実現可能性は高まるかな。それでも難しいか。

201012242  「臨死!!江古田ちゃん」驚きの実写化、主演は鳥居みゆき(=コミックナタリー)
 思いの外似てた。

 限定300個、金髪の「アフロ田中」フィギュアストラップ(=コミックナタリー)
 「過去に同社から発売された黒髪アフロの通常版は即完売となる人気を見せ、好評に応え今回の限定版が発売された」――そうなのか……。(何となく負けた気分)

 年間ドラマ視聴率TOP10、1位「龍馬伝」 〜ゲゲゲは初回最低から見事TOP3へ(=ORICON STYLE)
 今年が龍馬ブームらしい、と言うことは知っていた。僕はドラマは本当に見ないな。と言うかテレビ自体徐々に見なくなっている。


【2010/12/23(木)】

 晴れ。暖か目。
 どうも僕の中では既に1年終わった感が醸成されてるな。明日大晦日だと言われてもさほど違和感ない。


【2010/12/22(水)】

 昨日だがセンターに行った。そこで売り物のコーヒー豆の選別作業(ピッキング)をした。
 センターへ行くのは今年は昨日で終いのつもり。また来年。

 メモ。
 厭人主義とは自分以外の個人性・主体性への嫌悪。自分の個人性・主体性への拘り・尊重と整合するように他者のそれをも認める(社会を個人が生きる場と前提する為)、そのことのストレス。個人性・主体性への理解の問題(それ自体を世界と併置する独立体と見做す錯誤の可能性)。(世界観としての)自己・他者の個人性・主体性(=独立体)、それらの社会と言う場における相対的・合理的な理解、序列化の可能性、そのことの抑圧。