日記 2012年4月中旬

【2012/4/20(金)】

 少し雨、曇り。
 筍を食う。
 メモ。センター受取金2〜3月分、1330円。
 父が定年して、家の風景が変わった。父が家にいる。これまで別々だった夕食も一緒にとる。その際僕は一杯の酒を貰う。
 ふと僕がいない、家の風景を想像する。それは父がかつて想像しただろう老後の風景と重なると思う。恐らく、かつての父は、今のような状況になることは考えていなかったと思う。
 (それ自体は普通に有り得ることだと思う)僕の生きている人生は、父の人生に影響している(母も)。親は僕を負担に思っていると思う。僕は親に迷惑を掛けていると思う。
 「僕の生きている人生」と書いた。僕は生きている。僕は人生の内側にいる。僕にはそこまでしか理解できない。それ以上のことは、日記にたまに書いているように、手が付けられない、分からない。


【2012/4/16(月)】

 昨日よりましだが少し不調(その為に昨日は久し振りにその日の内に寝た)。小雨。
 岩出行き、「麦とホップ<黒>」がレギュラー商品化していたので買う。
 ピザポテト美味い(夢にまで見たので買った)。
 読書、G.ガルシア=マルケス『百年の孤独』、A.ベン-ナイム『エントロピーがわかる』。

■ 春期アニメ視聴作品一覧
『黄昏乙女×アムネジア』
『さんかれあ』
『LUPIN the Third -峰不二子という女-』