日記 2020年8月中旬

【2020/8/19(水)】

 金魚飼育は難しい(=plymouth760)
 明快な言葉で金魚飼育の難しさが解かれている。金魚は生物全般が環境に適応するための進化、の背景にある淘汰を、自然任せでなく人の手で行ったために、難儀な生き物に仕上がったと。

 休み。ドライブ行き。今、13時過ぎ。
 今日は通販荷物が来る予定。ソラリウム・交換球他。
 最近、Google Fitにはまっている。


【2020/8/17(月)】

 昨日ケージ掃除中に腰を痛め、恐らくぎっくり腰手前の腰痛を得る。それで寝る際も横向き、布団・枕を抱っこして休む。今日、仕事できるか、恐る恐る動き、なんとか一日を終える。
 姿勢に気を付けていたせいか、最近はあまり骨が鳴らなくなっていた腰が、またボキボキと言い、怪我の功名。がまだまだ全快には至らず。
 くるぶし、歩き方がおかしい。左後肢をかばうように歩いている。餌食いも悪い。また昨日は爪切りも行う。


【2020/8/15(土)】

 仕事行き。先週から一転、暇。一昨日に引き続き、またもパート女性に交じっての作業を言い渡される。基本、嫌である。
 チャームは今が繁忙期らしく、ちっとも荷物が来ない。多分来週着。


【2020/8/14(金)】

 べらぼうに暑い。ついに昨日、自室にカーテン掛け。カメの暑さ対策。
 世間は盆休み。こちら仕事行き。会社は年商60億らしい。


【2020/8/12(水)】

 漱石、という筆名は、どう控えめに考えても、良い。水を枕にし、石で口をすすいでこその芸人である。
 このペンネームって、正岡子規絡みだったっけ? まあ調べればすぐだが。

 床材交換。何度目だよのペットシーツに。もうこれで固定かなあ……。自然床材使えないのは、残念。

 「吾輩」は猫である。名前は「まだない」。――恐らく日本一有名なこの書出し、韻を踏んでいるからパンチライン(印象深いフレーズ)たり得たのか、とも思う。(ハハノシキュウの小説から)
 今の若い人たちは、漱石の顔って、パッと思い浮かぶのだろうか。1000円札おじさんである。あの肖像画、および有名な・顔を手で支えている写真とか、えらい貫禄あるものだが、乃公先生(*漱石は日記? 手紙? などで乃公と自称したよう)(ずいぶん昔のNHKの特番で見た。房之介がナビゲーターのやつ)、49歳没なんだよね。確か。若すぎる。それでも中島先生より随分生きたが。

 休み。盆休み・夏休みとかでなく、公休として。そういえば新型コロナのせいで、子供らの夏休みは短縮して(2週間程度)実施されるというニュースを見た。可哀そうに。
 昨夜、有田行き。初盆とかで、参る。お参りなど、まあ下らないといえば下らないが、昔のように抵抗を覚えることもなくなった。
 重く、大きな荷物を持ち上げる際は、太ももで跳ね上げるようにして荷物を動かすのだが、その干渉している個所の体毛が濃くなった気がする。へえー。と嫌だなあ。
 暑い。カメケージもここまで最高34℃記録している。暑すぎる。どうしようか。